新社会人「30歳で600万円貯めたい」でも初年度の平均貯蓄額は約46万円、実現は困難?

ソニー生命保険は4月17日、新社会人500人と2年目社会人500人を対象に実施した意識調査の結果を発表した。

この春から働き始めた社会人に初任給の使いみちを聞くと、「貯蓄に回す」が54.6%で最も多く、2番目は「生活費(食費など)に充てる」(38.8%)、3番目は「親への贈り物を買う」(36.2%)だった。

さらに「自分にちょっと良い物を買う」(29.2%)、「親をご馳走につれていく」(25.6%)が続いた。貯金や生活費などの堅実な使い方が目立つほか、親孝行したいと考えている新社会人も多い。

「貯蓄目標は1000万円以上」大きく掲げる新社会人が約2割