ブラック企業エピソードの募集スタート、大賞には5万円贈呈 長時間労働や自爆営業などのリアルな体験談求む

弁護士が設計したスマホアプリ「残業証拠レコーダー」を提供する日本リーガルネットワークがブラック企業エピソードの募集を開始した。

募集テーマは「辞めてよかった!自分が体験したブラック企業はこんなに酷いところでした」。締切は6月10日までで、最長1000文字。ブラック企業の実態を最もリアリティをもって伝えられたエピソードとして大賞に選ばれると賞金5万円が贈呈される。同社は、

「過去にブラック企業に勤めていたという方、世間にブラック企業の実態を知ってもらいたいという方は、ぜひともご応募ください」

と応募を呼びかけている。

ブラック企業問題解決には「周囲の人々の理解・応援」も重要