フリーターの約4割「パワハラ・セクハラで仕事を辞めたことがある」 「学歴を馬鹿にされた」「飲み会帰りに無理やりキスされた」

フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」は5月21日、パワハラ・セクハラについての調査結果を発表した。調査は、18~30歳の男女281人を対象に行われた。

実際にパワハラやセクハラで正社員や契約社員の仕事を辞めたことがある人の割合は、正社員男性で29.1%、正社員女性で22.2%だった。現在、フリーターの人では、男性36.8%、女性37.2%だった。

「次、何かあったら殴るからな」と脅された、という人も