日大ぶちギレ司会者は共同通信の元エリート記者 危機管理専門家は「登場しない方がよかった」と指摘

日本大学アメフト部の悪質タックル問題で、内田正人前監督と井上奨コーチが開いた会見の司会者に批判が集まっている。

危機管理コンサルティング事業などを展開するエイレックス社の江良俊郎代表は5月23日、「ビビット」(TBS)でこの司会者について「ダメージを大きくした」「この方は登場しない方が良かった」と指摘した。

「司会者は何のための会見なのかがわかっていない」