世界の理想的な働き方1位はブラジル「バケーション休暇」 30日連続で有休取得

諸外国には、日本にはない様々な働き方がある。オンラインの総合旅行サービス「エアトリ」が10~70代の男女849人を対象に理想の働き方を聞いたところ、ブラジルの「バケーション休暇」が14.3%で最も多かった。

バケーション休暇は、1年のうちに30日連続で有給休暇を取得できるというものだ。日本では5日前後の夏季休暇が一般的で、長期の旅行などには行きづらい。まとまった休みを取りたいと感じている人が多いのだろう。

しかし実際に日本でも取り入れられると考える人は8.2%に留まった。ブラジルやフランスと違い、日本には長期間休む文化がないため、実現は難しいのかもしれない。

オランダの「時間貯蓄制度」も約14%が理想と回答