自民・今井絵理子議員が「HINOMARU」騒動に意見 軍歌みたいという見方は「作家の想いとは遥かにかけ離れた解釈」と擁護

元SPEEDで自民党の今井絵理子参議院議員は、6月12日にブログを更新し、RADWIMPSの新曲「HINOMARU」について自身の考えを述べた。

同楽曲は、6月6日に発売されたシングルCDに収められたもので、「さあいざゆかん 日出る国の御名の下に」など、歌詞の表現が全体的に「軍歌のようだ」と物議を醸していた。RADWIMPSのボーカルで、作詞・作曲した野田洋次郎さんは当初、インスタグラムで

「純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました」

と説明していたが、批判が高まったこともあり、6月11日には

「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういう風に戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」

と謝罪していた。

「個人的な解釈と拡散で作家に釈明と謝罪までさせてしまう風潮には賛成できない」