「キッズウィーク」はプレミアムフライデーの二の舞になる? 「知らない」という人が約7割、認知度の低さが浮き彫りに

しゅふJOB総研は6月13日、『キッズウィーク』についての調査結果を発表した。調査対象は働く主婦で712人からの回答を得た。

「キッズウィーク」とは地域ごとに夏休みや冬休みなど、学校の長期休業日の一部を他の日に移して休業日を分散化する取り組みだ。キッズウィークの推進は、「休み方改革」の推進でもあり、学校が休みとなった日に大人も有給休暇を取得しやすくなるようにしていく。

調査では、「今年度からキッズウィークが導入されることを知っているか」という質問に対して、「知っていた」が31.5%、「知らなかった」と回答した人は68.5%だった。

「キッズウィークが導入されることに賛成か」と聞くと、1位「わからない」51.5%。2位「賛成」29.6%、3位「反対」18.8%という回答だった。

緊急性の高い仕事に就いているので有効活用できず迷惑との意見も