「タバコアレルギー検査薬の販売中止はJTの陰謀」? ネットの噂にJT「関与していない」と正面から否定

受動喫煙防止対策が進む中、ネット上で6月半ば、「JTがタバコアレルギー検査薬の製造販売をしていた会社を買収し、検査薬を販売停止に追い込んだ」という噂が広がった。

事の発端は、あるツイッターユーザーによる、「タバコアレルギー(化学物質過敏症)のことを知ってほしい」という呟きだ。このツイートを見た他のユーザーらから、「(タバコアレルギーの認知が低いのは)検査薬を出していた製薬会社をJTが買収し、検査できないようにしたためだ」といった声が上がった。

更に、別のユーザーが、日本禁煙学会が厚労省に提出した、アレルギー薬再販に関する要望書を見つけツイート。

「日本たばこ産業(JT)が、同試薬の特許を持つ鳥居薬品を傘下に収めると、平成15年3月には同試薬の製造・販売が中止されました。現在、『タバコアレルギー』の診断ができない状態となっており、患者に様々な不利益を与えております」

という要望書の内容を見た人から、「闇深案件」「JTやばいな」などの声が多数上がった。

「再販売の是非も、鳥居薬品が判断する」