社会人の4割、残業が”恋活”に悪影響 「恋人を作る意欲がわかない」「活動ができない」

ランスタッド・リサーチインスティチュートは6月25日、残業とプライベートに関する調査の結果を発表した。調査は、20~69歳までの会社員と公務員・団体職員1800人を対象に実施された。

日常的に残業をしている未婚男女のうち「残業によって恋人を作る意欲がわかない」という人は13.7%、「恋人を作る意欲はあるが活動ができない」という人が27.6%だった。合わせて41.3%は残業が”恋活”に悪影響だと感じているようだ。

恋人や配偶者との関係にも影響が 「ストレスできつく当たってしまう」