駐在員にとって物価の高い都市2位「東京」 中国の都市が順位を上げる結果に

人事コンサルティング会社のマーサーは6月26日、「2018年世界生計費調査 都市ランキング」を発表した。

調査は今年3月に同社が実施し、世界209都市の住居費・交通費・食料・衣服・家庭用品・娯楽費用などを含む200品目以上から物価の高さを比較し、算出。為替は2月の平均レートを使用している。

生計費が最も高い都市は「香港(香港SAR)」で、昨年2位からランクアップとなった。以降、「東京(日本)」、「チューリッヒ(スイス)」、「シンガポール(シンガポール)」、「ソウル(韓国)」が上位5位に入った。いずれも昨年より1ワンクアップしている。

アジアは上位10都市中6都市がランクイン