関東地方、早すぎる梅雨明けで水不足を心配する声 実際のところ大丈夫なの?国交省に聞いてみた

気象庁は6月29日、関東甲信地方の梅雨明けを発表した。平年より22日、昨年より7日早く、6月に梅雨明けするのは観測史上初だという。

関東地方では2016年の6月、利根川水系の深刻な水不足から、神奈川県を除く1都5県で10%の取水制限が行われた。今年は6月6日の梅雨入りからわずか23日で梅雨明けしており、ネットでは「8月水不足必至なんちゃう?」「この夏は完全に水不足だね」と心配する声が多く出ている。

緊急に不足する状況ではないが「雨が降らないと厳しい。油断はできない」