夏休みのお土産買う?「職場用には買わない」が6割 「夏バテして休むと『遊んでいたからだ』と思われ評価が下がる」

マクロミルは7月3日、「会社員の夏休み」の調査結果を発表した。調査は今年6月にインターネットで実施し、20~59歳の男女1000人から回答を得た。

今年の夏休みの時期を聞くと、最も多いのは「8月(お盆周辺)」で59.5%。次いで「夏休みはない、取得しない」が18.4%となり、以降「時期はまだ分からない」(12.4%)、「8月(お盆周辺以外)」(7.8%)、「7月」(4.7%)、「9月」(4%)と続く。

今年の夏休みの予定を聞くと、「家でゆっくり過ごす」(50%)と「お出かけ・旅行」(49.1%)が多かった。3位以降「帰省」(32.8%)、「墓参り」(27%)、「家族団らん」(26.7%)、「ショッピング」(25.3%)と続く。中には「仕事をする」と言う人も3%はいた。

お土産は「『休みを頂きありがとうございます』の意味を込めて買う」という人も