“ニュースの奴隷”を自称する新聞記者の過酷さ 「休日も携帯の電源切れない」「人生を仕事に捧げる」

これまでキャリコネニュースでは様々な有名企業で働いてきた人たちの口コミを紹介してきたが、当記事では職種ごとに限定し口コミを紹介していきたい。今回、取り上げるのは取材によって情報を集め、記事を制作する記者たちの口コミだ。

広義の”取材者”としての記者職はテレビ局や出版社など、メディア関連の企業に広く存在しているが、今回は特に地方紙・スポーツ紙を含む新聞記者と通信社に在籍している記者を対象にした。【参照元 キャリコネ】

https://bit.ly/2s1GS93

「月に200時間以上の残業はザラ」「自分の担当の管轄外には休みであっても出られない」