勝間和代「高額紙幣をなくせばキャッシュレス化進む」 日本のIT技術に危機感「とにかく全体的に後進国なんですよ」

日本は現在、技術大国と呼ばれていた時代は遠くなり、様々な産業でアジア諸国に追い越されている。IT産業においてもこの傾向は同様だが、未だに過去のイメージを引きずっている人も少なくない。

7月10日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX系)では、勝間和代さんが、IT技術の面で日本が世界に取り残されつつある現状を語った。以前は7割近かったパソコンの普及率が6割に減少したことや、ITリテラシーの低さを挙げ、

「フィンテックと言われているような、金融技術とITを統合したものなんかも一部でしか行われていません。とにかく全体的に後進国なんですよ」

と、危機的状況にあると訴えた。(文:石川祐介)

中国の深セン市はIT企業振興に力を入れ、30年で人口が約5倍に