【今年もワースト】東西線の乗車率199%、いつ改善? 「2021年度に180%以下を目指す」とメトロ担当者

東京メトロ東西線の通勤通学時間帯の乗車率が、今年も199%で1位を記録した。7月17日に国土交通省が発表した調査で判明した。2位はJR総武線(各駅停車)の197%。そのほか、JR横須賀線(196%)、JR南武線(189%)など11路線で混雑率180%を超えた。

昨年、192%と高い混雑率を出した小田急線は、今春完了した複々線化の影響か、今回は151%まで大きく低下した。

混雑率は、150%は「肩が触れ合う程度で、新聞は楽に読める」程度だが、180%で「折りたたむなど無理をすれば新聞を読める」、200%は「体が触れ合い、相当な圧迫感があるが、週刊誌程度ならなんとか読める」状態になる。

大規模改良工事が進行中 終われば「ラッシュ時の本数を1時間あたり30本にできる」