高校生の大学志願度ランキング1位「早稲田」 悪質タックルの日大は4位に入る

リクルートマーケティングパートナーズは7月18日、大学ブランドランキング「進学ブランド力調査2018」の調査結果を発表した。調査は今年4~5月に実施し、2019年3月卒業予定の高校3年生9万4000人から回答を得た。

関東エリアの高校に通う生徒に志願したい大学を聞くと、1位は「早稲田大学」。昨年に引き続き、2年連続首位となった。次いで「明治大学」「青山学院大学」となり、4位に「日本大学」がランクしている。ただ日大アメフト部の危険タックル問題が明るみに出たのが5月のため、その後、志望校が変わってしまった人もいるかもしれない。

以降、「立教大学」「法政大学」「慶應義塾大学」「中央大学」「上智大学」「東洋大学」と続く。また昨年と比べ「筑波大学」は6ランクアップで13位、「芝浦工業大学」は10ランクアップで19位と大きく順位をあげている。

大学の知名度、首位は関東「明大」、関西「近大」、東海「名大」