アジカン後藤「ライブで子どもの防音ヘッドホン着用必須」に称賛の声 「聴力のダメージは取り返しがつかないことも多い」

ロックバンド、アジアン・カンフー・ジェネレーションの後藤正文さんが7月18日、ブログに「アジカンからのお願い」という記事を投稿した。次のツアーから児童の防音ヘッドホン(イヤーマフ)着用チェックまた貸出を始めるという。

最近、ライブ会場で未就学児や小学生を見かけることが増えたという。バンドとしては「子どもたちのコンサートへの参加は基本的にウェルカム」で、可能であれば年齢制限を設けたくない。一方で、スピーカーの音量は子どもたちの耳を傷つける恐れがあることを指摘した。

スピーカーの前で大きな音を浴び続ければ、大人でも聴覚に異常をきたすことがある。実際、後藤さんも「演奏している俺たちも、コンサートのあとは耳が少し聞こえにくくなります」という。

「子育て世代に仕事・育児の隙間でどうにか作った時間を楽しんでもらえる場でありたい」