現役東大生が夏休みにしていた受験勉強法 「10時間睡眠で午後から勉強」「一日バランスよく全教科やる」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

現役東大生が夏休みにしていた受験勉強法 「10時間睡眠で午後から勉強」「一日バランスよく全教科やる」

フォーサイトは7月18日、「大学受験期の夏休みの勉強」の調査結果を発表した。調査は今年6月にインターネットで実施し、現役東大生188人と全国の大学生211人の計399人から回答を得た。

実践していた勉強法を聞くと、東大生は「午前と午後などで勉強する科目や内容を変えた」(62%)が最多となった。他の大学生は25%となり、大きく差がつく結果となった。また「夏休み全体の学習スケジュールを立てた」も東大生が46%だが、大学生一般は21%に留まった。

また「学校があるときより長く勉強した」が東大生は42%で、大学生一般が19%となった。一方、「苦手科目を重点的」は東大生48%、大学生一般42%となった。

集中できた時間帯、東大生「昼間」、大学生一般「夜中」と反対に

受験前の夏休み、どんな勉強をしていました?

受験前の夏休み、どんな勉強をしていました?

東大生に実践していた勉強法を聞くと、次のような回答が出た。

「夏休み全体、一週間、一日と段階的に勉強計画を立て、週に1日のペースで予備日を作り、計画が崩れないように工夫していました」
「一日バランスよく全教科やるようにスケジュールを立てた」
「アプリで勉強時間を記録してモチベーション維持に役立てました」

同社は「全体を制した学習スケジュールを立てる受験生が『夏を制する』」として、一つの科目に偏らない学習法が総合力を鍛えられるとしている。

勉強に集中できた習慣や環境を聞くと、やはり「涼しい場所」「静かな場所」が多い。しかし東大生は「予備校塾」(57%)の方が、大学生一般は「学校」(45%)の方が集中できるという結果になった。時間については、東大生が「昼間」(45%)、大学生一般は「夜中(42%)の方が多い。集中できた環境について、東大生は、

「睡眠はだいたい23時過ぎから9時ぐらいまでしっかりととり、午後に勉強した」
「実際の試験で周りの人の筆記音や咳の音を気にしてしまうことがないように、小・中学生が騒いでいる塾の廊下で自習していました」

とコメントしている。他にも「自分が集中しやすい環境を早く見つけるべき。自分は時間に関わらず音楽を聞きながらだと集中力が倍増した」「スマホを家に置き去りにして、家の近くの飲食店や図書館で勉強するのが効率的だったと思う」などの声が寄せられた。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

アーカイブ