東京五輪、暑さ対策で「打ち水」「浴衣」を活用? 有識者会議の内容に「風流で涼しくなるのか」とツッコミ相次ぐ

2020年開催の東京オリンピックの競技スケジュールの大枠が7月18日に固まった。マラソンなど屋外種目の一部が「厳しい暑さ」を考慮し、招致時の計画より前倒しのスタートとなるという。これについてツイッター上では、

「1、2時間予定を前倒しにした所でなにも解決しないと思うんですが…」
「今、犬の散歩6時くらいから行ってもかなり暑いのに大丈夫なのかな? てか、夏に屋外スポーツってもう無理なのでは…」

など、前倒しは根本的な解決になっていないという声が多く寄せられている。そんな中、2015年4月に読売新聞に掲載された「暑さ対策」に関する記事がネット上で話題となっている。

「日程変えろよ、竹槍かよ」「そんなもので涼しいと何分感じられるの?」