【悲報】ゴキブリ相談が多い都道府県1位「東京」 対策法は「僅かな隙間もテープでブロック」「生ゴミを入れる袋は固く縛る」

害虫駆除や不要因回収などのサービスを展開するシェアリングテクノロジーは7月17日、「ゴキブリ実態調査レポート」を発表した。レポートは全国から寄せられたゴキブリ駆除相談に関する4365件のデータをもとに作成された。

2015年5月~2018年4月の3年間で、最もゴキブリ駆除の相談が多かった月を集計すると、最も多かったのは7月で832件。次いで、8月(751件)、9月(613件)となり暑い時期にゴキブリに悩まされる人が多いことが分かった。

同社は夏場に相談件数が増える要因として、「亜熱帯で活動する害虫であるゴキブリにとって、温暖な気候は生きるのに適した環境です」と解説する。

また、日本ではよく見られるのは「チャバネゴキブリ」で、活動の適温は25度とされている。7月は最も快適に活動できる気温だといい、そのため夏場に多く相談が寄せられるのだという。(文:石川祐介)

ゴキブリが多く生息するのは「人口密集度やごみ排出量が多い」「多湿」の地域