人気企業ほど就活生に「創造的問題解決能力」求める傾向 デジタリテラシーやプレゼンスキルを重視

アドビシステムズは7月20日、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新卒採用で企業が重視するスキルについて」の調査結果を発表。新卒の採用現場において、創造性に富んだ方法で問題や課題に取り組むスキル、”創造的問題解決能力”をどの程度重視しているのかを検証した。

同調査は、創造的問題解決能力を「課題発見能力」「課題解決方法の発想力/着想力」「情報分析能力」「デジタルリテラシー(ITツールを使いこなせる能力)」「クリエイティビティ/創造性」「プレゼンテーションスキル」の6つのスキルから構成されると定義している。(文:宮西瀬名)

人気企業の中にはイラスト作成や動画編集スキルを求めるところも