「理屈っぽい人」ってどんな人?「説明が下手」「言い訳がましい」「筋道通ってたら納得してくれる人」

僕は物書きにしては短気というか、思慮が足りないところがあると自覚している。感情が前に前に出てどんどん筆が進んでしまうし、なんなら原稿を書くとき、論理立てて書くためのサマリーもほとんど用意していない。

だから理屈っぽいことが全く書けないし、そういうことを考えるのも面倒なタイプで、ウェットでいやらしい文章ばかり出来上がってしまう。

なんでいきなりこんなことを書いたのかと言えば、今回はちょっと、理屈っぽい人をテーマにしようと思ったからだ。(文:松本ミゾレ)

「細かいことにうるさかったり、自分が正しいと匂わせてたり、まあ不快なやつ」