2019年卒学生の6割が「入社企業に不安がある」 理由は「他に良い企業があるのでは」「社会人としてやっていけるか」

ライボは7月20日、就職活動状況に関する調査結果を発表した。調査は今年7月にインターネットで実施し、2019年3月卒業予定の大学4年生56人から回答を得た。

就活解禁時期が見直され、昨年から経団連に加盟する大手企業は3月に採用広報活動が始まり、6月に選考解禁となった。今年も3月からの超短期戦となるはずだったが、実態はそうでもなかったようだ。

「内定後連絡がない」「思ったよりあっさり内定」に不安感を持つ人も