自民・谷川とむ議員が同性愛は「趣味」と発言 当事者は「自分で選択したわけではない。趣味とは言えない」と批判

自民党の議員がLGBTへの無理解を示し、また批判が相次いでいる。谷川とむ衆院議員(42)は7月29日、「千原ジュニアのキング・オブ・ディベート」(Abema TV)に出演し、”同性愛は趣味””同性婚を認める法律を作る必要はない”と発言したのだ。

こうした発言を当事者はどう受け止めているのか。男性パートナーと”結婚”し、夫夫(ふうふ)生活を送る七崎良輔さん(30)は、「もし無知による発言なのであれば、即刻議員辞職された方がいいと思います。『趣味ではない』とわかっていて、あえてこの言葉を使ったのであれば悪意に満ちているため、こんな人間が議員である事を恥に思います」と厳しく批判する。

谷川氏「男と女が結婚して、子を授かって、国を衰退させないようにしてきた」