はるかぜちゃん、独自のいじめ防止策を提案「いじめ題材の演劇を学校でやって全ての立場を経験する」「クラスは廃止」

8月14日に放送された『モーニングCROSS』(MX系)で、”はるかぜちゃん”ことタレントの春名風花さん(17)が、学校のいじめ対策について持論を展開した。

春名さんは、学校という空間は、複数の登場人物が特定の場所に隔離され殺し合いをするという創作ジャンル「デスゲームもの」そのものであると指摘し、「クラスをなくして居場所を増やそう」と提案。

「スクールカーストで勝ち残って安全な地位につけなかった子どもは、安心して教育を受ける権利がなくなってしまう。命まで奪われてしまうこともある。むしろ共通のルールに則って行われるデスゲームのほうがましなんじゃないか。毎年学校のいじめで命を落としている状況で、なぜ学校のシステムを見直さないのか」

と疑問を投げかけた。(文:石川祐介)

「民間の保険会社と学校が『いじめ保険』を契約するとか」