一風堂のラーメンと地酒で「おいでよ福岡」市長と企業が首都圏エンジニアにPR 「福岡は人材が枯渇しているので職に困ることはない」

一風堂浜松町スタンドで開催

一風堂浜松町スタンドで開催

福岡市とビズリーチは8月21日、首都圏在住のエンジニアに福岡の魅力を体感してもらうイベント「Fukuoka Meetup」を開催した。イベントは博多発祥のラーメン店・一風堂浜松町スタンド(港区)で行われ、約20人のエンジニアが参加した。

地酒で乾杯

地酒で乾杯

イベントでは福岡のIT企業3社の事業説明や、高島宗一郎市長によるPRが行われた。高島市長は当日、一風堂浜松町スタンドの1日店長となり、参加者にラーメンや福岡の地酒・珍味を振る舞った。

「スタートアップ支援特区なのでしっかり支援してくれる。何よりごはんが美味しい」