プラ製ストロー廃止で海洋汚染は防げるか? 自然保護協会はレジ袋やペットボトルの使用削減も呼びかけ「このままでは海が危ない」

海洋汚染を防止するため、プラスチック製のストローを廃止する動きが広がっている。スターバックスは今年7月、2020年までに日本を含む全世界の約2万8000店でプラ製ストローを廃止すると発表した。

ファミリーレストランのガストやバーミヤンを展開する「すかいらーくホールディングス」も8月17日、2020年の東京五輪・パラリンピックまでに全ての店舗でストローを廃止すると発表した。また、環境省は8月24日、紙ストローなどへの切り替えを後押しするため、製造企業に補助金を出すことを決めた。

しかしストローの廃止で本当に海洋汚染は防げるのか。日本自然保護協会・自然保護部の志村智子さんは「生産されるプラスチック製品のうちストローが占める割合は少ないでしょうから、これで問題解決とはならないと思います」と話す。意義がないというわけではないが、汚染を食い止める鍵とまではならなそうだ。

「ストローという身近なものを廃止することで消費者の意識改革につながると期待」