幸福感を決めるのは学歴より収入より「自己決定」 「進学や就職を自己決定すると満足度高くなり、幸福感も高まる」

神戸大学と同志社大学の研究者チームは8月28日、幸福感に関する調査結果を発表した。調査は今年2月、インターネットで実施。全国の20歳~69歳の男女93万人に調査票を配布し、有効回答数は約2万件だった。

世帯年収、学歴、自己決定度、健康、人間関係の5つが幸福感にどう影響しているかを分析した結果、健康と人間関係に次いで、自己決定度が幸福感に影響を与えていることがわかった。学歴は幸福感に影響を与えていなかった。研究チームは

「自分で人生の選択をすることが、選んだ行動の動機付けと満足度を高める、それが幸福感を高めることにつながるのであろう」

とコメントしている。

自己決定する人は大学や職業等のミスマッチの可能性が少ない