就活ルールが2021年卒から廃止される? 「どんどん採用時期が早まる」と懸念の声も

経団連の中西宏明会長は9月3日の定例記者会見で、現在の就職活動の指針を2021年春入社の学生から取りやめる考えを明らかにした。就活の枠組み自体が大きく変わりそうだ。

経団連サイトによると、中西会長はまず「経団連が採用選考に関する指針を定め、日程の采配をしていることには違和感を覚える」と発言。現在、経団連の会員企業は、6月1日から採用活動が始まり、10月1日に内定を出すことになっている。そうした日程の縛りをなくすことを検討しているようだ。

「終身雇用、新卒一括採用をはじめとするこれまでのやり方では成り立たなくなっている」