国家公務員の長時間労働はなぜ解消されない? 「根性で働いてる人が多い」「仕事の達成感がひとしお」と元官僚が解説

ここ最近、働き方改革が推し進められ、残業時間削減が叫ばれるようになった。だが、今年3月、厚生労働省の働き方改革を推進する担当部署で、残業時間が最長で200時間にも上っていたことが発覚した。

働き方改革の旗振り役である厚生労働省が、長時間労働を追われている現状に「お前らがまず働き方改革に取り組め」とツッコミを入れたくなってしまう。

そんな中、9月18日に放送された『モーニングCROSS』(MX系)では、元官僚で社会保障経済研究所で代表を勤める石川和男氏が、官僚が長時間労働になってしまう原因を語った。(文:石川祐介)

「俺たちが頑張れば国が良くなる」と考えるモーレツ職員のせい?