アパレルショップでされた嫌な接客 「あからさまに見下した態度」「『私も持ってます』は買う気失せる」

「いらっしゃいませー!」アパレルショップから甲高い声が響く。かわいい服を着こなしたキレイな店員が笑顔をふりまく。素晴らしい接客態度だと思うが、なぜだろう。無意識に避けて入店している自分がいる。それは、過去に受けた接客にあまりいい思いをしてこなかったからなのかもしれない。

先日、ガールズちゃんねるでの「アパレルで嫌だった接客」というスレッドでは、ショップ店員から受けた接客への数々の不満が集まっていた。トピ主のエピソードでいえば、欲しい服があったのに、声かけがあまりにしつこく、つきまとってきた店員のせいでとても不快な気分に。そのため見られていない隙にレジへ行ったが、その店員がレジの店員と強引に交代し、あたかも自分の接客で売れたようなことにされたので納得いかなかったとのこと。どうやら問題の肝となるのは、ショップ店員の距離感にあるようだ。(文:ツマミ具依)

「少しでも服に目を傾けただけで『こちらの商品はですね?』って強引に勧めてくる」