「望まない妊娠を無くすためにアフターピルを薬局で買えるようにすべき」 駒崎弘樹氏が海外の事例を紹介しながら主張

9月28日に放送された『モーニングCROSS』(MX系)では、NPO法人フローレンスの代表理事を勤める駒崎弘樹氏が、望まない妊娠を無くすためにアフターピルが手軽に手に入る環境を整備すべきと語った。

まず、駒崎氏は「虐待死の4割は0才児なんです。こうなってしまう一つの要因として”望まない妊娠”があります」と指摘する。(文:石川祐介)

海外では薬局で安価にアフターピルが買える