過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
65万人以上!

過激すぎる?「少年ジャンプ」のお色気表現に賛否 「息子には読ませない」「エロは成長に必要」

『週刊少年ジャンプ』に掲載された「ゆらぎ荘の幽奈さん」(作:ミウラタダヒロ)という作品の性表現が子どもに悪影響を与えるのではないかという声が上がり、波紋を呼んでいる。

7月3日発売の最新号の巻頭に、同作品のキャラクター人気投票の結果がカラーで掲載されている。女性キャラクターたちは水着がはだけてしまっており、顔を赤らめて恥ずかしがったり、戸惑って涙を浮かべたりしている。乳首や局部は隠されているが、ほとんど裸だ。

この表現が問題だと感じた人がいたようだ。弁護士の太田啓子さんは7月4日、

「息子には少年ジャンプは読ませない。息子をもつ保護者の皆さん。少年ジャンプ編集部に抗議を。どうかと思うよ」

と投稿。表現を問題視する人々と、規制に反対する人々との間で議論が繰り広げられることになった。

「嫌がっている相手の意思を無視して性的行為を行うのが普通のことだと学んでいく」

問題となった作品を熟読する男性社員

問題となった作品を熟読する男性社員

この表現に反対する人々が問題視したのは、裸にされた女性キャラクターたちが一様に嫌がっているということだ。それを娯楽にとして子どもに見せるのは危険ではないのかという声が相次いでいた。

「女の子の体をパーツをデフォルメしたり物のように扱ったり嫌がっていても大したことではなく楽しいことのように表現したりするのは、子供が誤った認知をする可能性が高いから止めてほしい」

ジェンダー研究が専門で大阪大学教授の牟田和恵さんも「こうして子供の頃から、女性をただ性的対象物として見ること、嫌がっている相手の意思を無視して裸にし性的行為を行うのが普通のことだと学んでいくんですね」と憤慨する。

7月6日には太田弁護士が再度、自身の主張をツイートした。「性暴力を娯楽とする表現から息子を遠ざけたいだけで、性表現全てから息子を遠ざけたい」わけではなく、あくまでも「セクハラを娯楽として描くのは問題」だと考えているという。

ろくでなし子「子供がいつまでも無垢であってほしい親のエゴ」

一方でこうした声に対し、「(見せないのは)息子が可哀想」「子どもへの影響を思ってしまいます」といった声も多かった。健全な成長のためには、ある程度のエロも必要だと考えているのだろう。

子どもが読むのを禁止したり、編集部への抗議を呼びかけるのはやりすぎではないかという意見も多かった。

「自らの性嫌悪を子どもに、ひいては社会に押しつけたがるのは迷惑ですね」

弁護士の佐藤大和さんも「少年ジャンプを読み『努力・友情・勝利』を学び(ついでに性も学び)、弁護士を目指した僕としては、ちょっと…。価値観は人それぞれですが。性について過度に蓋をして規制(すぐに抗議)するのはどうかと」と疑問を呈した。

アーティストのろくでなし子さんは、子どもにエロ漫画を読ませないというのは「親のエゴ」だと指摘し、規制よりも性教育が重要だと説いた。

「自分が親目線になると『できればエロ漫画は見て欲しくない』と思うけど、それは子供がいつまでも無垢であってほしい親のエゴなんだなぁ」
「(エロ漫画やAVは)みんなファンタジーなんだよ。実際の人間にするには相手の了承が必要で、避妊しないと病気や望まない妊娠するんだよ。と性教育する方にはなぜ向かないんだろ」

今回の件について苦情は寄せられていないのか集英社に問い合わせたところ、

「『週刊少年ジャンプ』には毎週さまざまなご意見が寄せられます。それに耳を傾け、より多くの読者の方に楽しんでいただけるよう引き続き誌面作りに取り組んで参ります」

ということだった。

※ウェブ媒体やテレビ番組等で記事を引用する際は恐れ入りますが「キャリコネニュース」と出典の明記をお願いします。

キャリコネであの有名企業の「働きがい」「年収」「残業」の実態を見る

【PR】注目情報

次世代バナー
次世代バナー
新しい働き方バナー

人気記事ランキング

  1. 「40代前半がいない」人手不足を嘆く旭化成社長の発言に就職氷河期世代の不満爆発「自分たちが採用しなかったくせに」「当たり前」
  2. 静岡県職員、過去8年で41人自殺という異常な事態 職員労組は「人員不足が大きな原因」と分析
  3. "若者のスナック離れ"の原因1位「食べる時に手が汚れる」 湖池屋「若者の必需品であるスマホと密接な関係」
  4. 「夫の年収、いくらなら専業主婦でも大丈夫?」妊婦の問いかけに「都内で子ども2人だったら1000万でもキツい」と甘くない声
  5. 「日本人のパチンコ離れ」はなぜ起きた? 騒音に副流煙……新規客の取り込みに失敗したホールの怠慢起きるべくして起きた事態
  6. 「メニューを開かずお勧め何ですかって馬鹿かよ!」 初デートで激怒した女性の投稿が話題に
  7. 「裕福な家庭出身者の悩み」に嫉妬レス殺到 「自慢だと思います」「ただの愚痴じゃん」という批判も
  8. 大混乱!京都造形芸術大の新名称「京都芸術大」が「京都市立芸大」と酷似 京芸「名称を再考されるようお願いしてまいりましたが…」
  9. 「上司から愛人の誘いがあった」「変な虫がたくさんいた」 今まで経験した「最悪の職場」に驚愕
  10. 「男の顔は履歴書」って本当? 「苦労をした人とそうでない人は見分けられる」説に違和感しかない

アーカイブ