「大人になって辛いことが増えた」という人が7割 「自分の成果を横取りされた」

ポカリスエット イオンウォーターPR事務局は9月28日、「大人」についての調査結果を発表した。調査は今年8月に実施し、20~60代の男女各100人、計1000人から回答を得た。

「大人になった」と実感した年齢を聞くと、平均「29.49歳」で約30歳となった。年代ごとに見ると、20代が「23.7歳」、30代は「28.5歳」、40代は「32.1歳」、50代は「32.6歳」、60代は「30.5歳」となった。

「大人になった」と実感したとき以降、「それ以前と比べて辛いことが増えた」と感じている人は「そう思う」「どちらかといえばそう思う」の合計は74.1%となった。

「幼稚園のママ友との付き合いに積極的に参加したが疲れてしまった」