災害時の娯楽「支援に必要」9割 「音楽やお笑いのライブ」「芸能人の慰問」人気、不謹慎という意見はごくわずか

ビッグローブは9月下旬、災害に関する意識調査の結果を発表した。調査は今年8月にインターネットで実施。スマホを所有する全国の20代~60代の男女1000人から回答を得た。

災害支援に「娯楽」は必要だと思うと答えた人は85.7%と、必要性を支持する声が圧倒的だった。一方、性別・年代別で比較すると、20代男性は23%、50代男性は25%が「娯楽は不謹慎だから必要ない」と答えており、女性や他の年代の男性に比べ割合が高かった。

娯楽は必要と答えた857人に、どのジャンルの娯楽があるといいと思うかを聞くと、1位「音楽ライブ」(64.6%)、2位「お笑いライブ」(51%)、3位「映画」(43.2%)となった。「芸能人や著名人の来訪/慰問」(41.5%)を挙げる人も多かった。

有名人の支援「売名や自己アピールのように感じる」人も約2割