【新潮45】迅速な休刊は正しかったのか 作家・泉美木蘭「自己検証の号を出してもよかった」「言論の場ということを考えてほしかった」

10月4日放送の『モーニングCROSS』(MX系)では、新潮社から休刊が発表された月刊誌『新潮45』ついて出演者が議論を展開した。

新潮45は今年7月に発売した8月号の特集「日本を不幸にする『朝日新聞』」の中で、自民党の杉田水脈議員の寄稿「『LGBT支援』の度が過ぎる」を掲載。「LGBTは子どもを産まないので生産性がない」といった主張に批判が集中し、デモにまで発展した。9月発売の10月号では特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題し、同寄稿を擁護する7人の主張を掲載。小川榮太郎氏の主張を中心に批判が殺到していた。(文:石川祐介)

堀潤「新潮社を守るために切り捨てたのでは?」