18歳の過半数「お金を出して新聞を読もうと思わない」 信頼できるメディアは「テレビ番組」が最多

日本財団は10月15日、「18歳の意識調査」の第二弾テーマ「新聞を中心としたメディア関係」の調査結果を発表した。調査は今年9月にネット上で実施し、全国の17~19歳男女800人から回答を得た。

「普段新聞を読んでいない」と回答した人は52.5%。理由は、「面倒くさい・読む時間がないから」(50.7%)が最も多く、以降「新聞をとっていない・読む習慣がないから」(30.7%)、「高いから・お金がかかるから・金銭的余裕がないから」(28.3%)と続く。

また「他の媒体(テレビやネット)で十分だから・必要ないから」(23.3%)、「興味がある記事が載っていないから」(19%)という人も2割程度いる。

情報収集する方法、SNSがニュースサイトをわずかに上回る