三省堂の高校生向け辞書に「ググる」「バズる」新収録 編集部が明かす、ネットスラングを大幅追加した理由

三省堂が10月16日に発売した高校生向け国語辞典「三省堂現代新国語辞典(第6版)」に注目が集まっている。「ググる」、「バズる」などのネットスラングが多く収録されたためだ。

同社によると、同辞典は、4年ごとに行われる高校国語の教科書改訂にほぼ合わせて改訂され、「最新の教科書に新たに登場した言葉を収録するのが一番の特色」だという。第6版では、教科書に新しく加わった作品に出てくる単語を含め、1000語を追加した。

今回、このような改訂をしたのはなぜなのか。編集部に話を聞いた。

「沼」の説明「趣味などに、引きずり込まれるほどのめり込んでいる状態のたとえ」