飲食店の7割が客とのトラブル経験 「髪が入っていたからタダにしろと数日後にクレーム」「SNSにウソの中傷書き込み」

シンクロ・フードは10月23日、飲食店のトラブルに関する調査の結果を発表した。調査は、飲食店の開業支援サイト「飲食店.COM」の会員である飲食店経営者・運営者269人を対象に行った。

最も発生頻度が高いトラブルは、厨房機器の不具合で、2番目に多いのは、空調の不具合だった。3番目は、客とのトラブル。「数年に1回」が33.8%、「年に1回」が24.5%で、「数か月に1回」も11.2%だった。合わせて69.5%の飲食店が客とのトラブルを経験していることがわかった。

「店員がお茶をかけてしまい、治療費、慰謝料、タクシー代、スポーツジムの月謝を請求された」