東京医大の入試不正受け、受験生の弁護団がクラウドファンディング開始「当事者の多くは20代の大学生や受験生。費用を払えない」

東京医科大の入試不正を受け結成された「医学部入試女性差別対策弁護団」は10月24日、都内で会見を開き、同大に対し、女性受験生ら20数人で成績開示や慰謝料の請求を行うと発表した。

開示結果次第では個別の訴訟も考えられるため弁護団は同日、クラウドファンディングサイト「Ready for」上で、訴訟費用や弁護団の活動費250万円を募るクラウドファンディングも始めた。

今回同大に開示請求を行うのは、2006年から2018年に受験した女性ら。現在も医師を目指して浪人している人、他の職業に就いている人などが含まれる。

弁護団の活動「手弁当で行わざるを得ないのが現状」