まさかの埼玉県が「移住」促進PR実施 「都心に近いため移住のイメージにつながらないかもしれないが、魅力を伝えたい」

埼玉県が初の移住促進プロモーションを行う。首都圏のベッドタウンというイメージが強いさいたまだが、10月26日に発表した資料によると、県は「『都心に近い』ことから、移住候補地のイメージとつながらない面もありますが」とした上で、

「『都心に近い』『自然に近い』そして『家族が近い』ことをアピールし、魅力的な移住先であることをPRしていきます」

と述べている。

都会の生活に疲れた主婦が埼玉で笑顔を取り戻すウェブ動画を公開