「俺たち家族じゃないか」言葉巧みに24時間365日無休で労働 3年分の未払い賃金支払い求め福祉施設の職員らが提訴 | キャリコネニュース
おかげさまで6周年 メルマガ読者数
50万人以上!

「俺たち家族じゃないか」言葉巧みに24時間365日無休で労働 3年分の未払い賃金支払い求め福祉施設の職員らが提訴

福岡県内の福祉施設で働く20代男性と元職員の30代男性が、経営者に24時間・365日労働を強いられたとして10月24日、残業代や未払い賃金など約3470万円の支払いを求め提訴した。

訴状によると、職員は2015年1月から勤務していて、元職員は2014年11月から今年4月まで勤務していた。2人は、8時30分から16時まで就労移行支援施設で勤務した後、16時から翌朝8時30分までは同社が経営する障害者向けグループホームで、泊まり込みで入居者対応を行っていた。

職員らの両親には「私が、息子さんを一人前の男にします」と説明

労働基準法は守りましょう

労働基準法は守りましょう

グループホームでの宿直勤務には、深夜徘徊する利用者の対応、不眠気味の利用者の話し相手なども含まれていた。土曜日も、就労移行支援施設かグループホームで利用者の対応をしていたという。

日曜日と祝日は就労移行支援施設の定休日だが、職員らは休みを取れず、グループホームで昼夜問わず利用者対応や食事の準備をしていた。住み込みで働く状況で、この2年ほどは「自宅に帰ることは無かった」という。

原告と同社が締結していた労働契約は、勤務時間が7時間、休憩が1時間で、土日が休日というもの。有休は10日付与され、給与はそれぞれ20万円と18万円だった。労働実態と契約はかけ離れていたようだ。

職員らは、勤務時間などの改善を経営者に要望したという。しかし、経営者は

「休みは人を駄目にする」「土日と深夜はボランティアだ」
「俺たちは家族じゃないか」「いつか給料をあげてやる」

などと伝えるだけで改善されなかった。家に帰らない職員らを心配した原告の両親に対しては、「私が、息子さんを一人前の男にします」などと言っていた。

原告の弁護士は、

「本件で行われている24時間365日労働は、これまでの労働者の戦いの歴史、判例、法整備の趣旨を根底から否定するものです。働き方が議論されている現代において、時代に全く逆行するもので断じて許されるものではありません」

とコメントしている。

【PR】注目情報

関連記事

新しい働き方バナー

リサーチ

学生ですか? 社会人ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...
過去のアンケート結果はこちら

人気記事ランキング

  1. パチンコ店を1時間で辞めた女性「制服がパンパンでファスナーが閉まらないのに“そのままホールに出ろ”と言われ、我慢できませんでした」
  2. 「ビルメン」の仕事は本当にラクなのか? 年収400万円ダウンでビルメンに転職した人に聞いてみた
  3. パート先のトンデモ新人に驚愕「鶏皮をやたらと持ち帰ろうとするんです。人手不足だったので上司も黙認していました」
  4. 入社4日目で退職した女性「客に出す湯呑を"洗剤を使わず洗え"。気持ち悪くなりやめました」
  5. 着物販売店を1日で辞めた20代女性「勤務時間よりも2時間早く出勤して掃除させられました」
  6. 職場を1ヶ月で辞めた女性「生々しい下ネタを話す上司、やめてほしいと伝えると“あなたがおかしい”と言い返され…」
  7. 「毒母チェック」がツイッターで話題に 「仕事・恋人を選ぶ時に介入する」など3つ以上当てはまったら要注意!
  8. 歯医者を1日で辞めた女性「院長のスタッフいじめがキツイ。人が定着せず、いつも求人が出ています」
  9. 求人詐欺にココリコ遠藤が辛口コメント 「社会ってそういうとこ。懐を大きくして立ち向かっていかないと」
  10. 「鏡で自分を見るとなぜイケメンなの?」に賛同多数 「会社のエレベーターの鏡に映る姿が一番イケてる」そのワケは

アーカイブ