サイボウズは「細かい規則ではなく理念に沿って行動してもらう」青野社長が講演「自由だからこそ理念による縛りが重要」

サイボウズが主催するイベント「サイボウズデイズ2018」が11月7日と8日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された。8日に行われた基調講演「楽しいは正義」には、同社の青野慶久代表取締役社長、タレントの眞鍋かをりさん、慶応大学大学院の前野隆司教授が登壇し、幸せな働き方について語った。

育休を6年間も取れる、副業ができるなど働き方が自由なことで知られるサイボウズだが、元々は離職率が28%(2005年)にもなるブラックな会社だったという。青野社長は、人が辞めない会社にしたいと思い、社員の幸福を追求するようになった。

「社員に話を聞いてみると、『週3日しか働きたくない』『イタリアのナポリで在宅勤務をしたい』と様々な希望が飛び出しました。そこで僕は『出社時間も働く場所も自由でいい。そうすれば全員が楽しく働ける』と思ったんです」

他の経営者からは、「それでは売り上げが出せず、かえって社員を不幸にしてしまう」と言われたそうだが、同社は順調に売上高を伸ばしている。離職率も約3.8%にまで低下した。

幸福学・前野教授「経営者がアホに見えるくらいがいい」