職場で最も頼りにされているのは「ロスジェネ世代」 当人らは「評価」「給料」に不満持ち、恩恵を感じられない人が多い傾向

マンダムは11月14日、男性の仕事・ブランディングに対する意識調査の結果を発表した。調査は今年9~10月にネット上で実施し、25~54歳の働く男性1236人から回答を得た。

勤め先で「最も頼りにされている世代」を聞くと、「40~44歳」(29.6%)が最多で、次いで「35~39歳」(25.4%)となった。

この世代は1970~82年頃に生まれ、バブル崩壊後から約10年の間に就職活動をした人たちで「ロスジェネ世代」と呼ばれている。中でも1位の40~44歳は「ロスジェネ中心世代」とされている。

現在の会社に思うこと1位「他によいところがあれば、いつでも転職する 」