有休取得の義務化、約半数が「知らない」と回答 「出勤日の残業が増え職場がブラック化するのが怖い」と危惧する声も

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」は11月16日、「有給休暇取得の義務化」に関する調査結果を発表した。調査は今年10月にインターネットで実施し、10代~70代の男女1151人から回答を得た。

2019年4月から、年10日以上の有休が付与される労働者に対して、年5日以上有給休暇を取得させることが義務化される。この有休取得義務化を「知らない」(48.3%)と答えた人が約半数だった。

10人に1人が「自分が本制度の対象者か分からない」