【完全再現】ホラン千秋の”豪快過ぎる弁当”作ってみた 完成に2時間、「雑すぎる」「残念」というやつは表に出ろ

完全再現してみました

完全再現してみました

タレント・キャスターのホラン千秋さんが11月19日、自身のブログに自作弁当の写真を掲載した。一般的にブログに掲載するお弁当は、「SNS映え」する彩り鮮やかなものが多いが、ホランさんはお弁当箱がタッパー。おかずは白米の上に載っているか、横にラップで包まれているかの実用的なものだ。

ホランさんは以前からこのような弁当写真を投稿している。常備菜を作り、日々消費しているようで連日同じおかずが続くこともある。ネットでは「自炊していてすごい」「茶色い弁当の方が食欲そそる」と称賛する声も寄せられているが、「雑すぎる」「残念」という声も出ている。

この豪快過ぎる弁当は、本当に残念で雑なのだろうか。一人暮らしアラサー女子の筆者が、19日にホランさんがブログに投稿した弁当を再現してみた。

まず、ホランさんのお弁当の特徴はタッパーを使い、おかずはラップで包んでしまうという点。以前、ブログで「バランやカップを使ったら?」とアドバイスをもらったというが、それらを買いに行く行為が発生すること、ラップは油汚れ防止のためバランは適さないと述べていた。

さらに「『見た目ではなくいかに効率的に残り物を消化し、また、洗い物という作業も楽に済ますか』をモットーに、合理性のあるお弁当をめざしている」と続ける。再現するにあたって効率の高さも考える必要がある。

やっぱり1食分だけ作るのは面倒! 気がついたらフライパンに溢れんばかりの具材

ホランさんのお弁当(画像は公式ブログをキャプチャ)

ホランさんのお弁当(画像は公式ブログをキャプチャ)

再現1つ目は、白米の上に、ラップで包んだ味玉とスナップエンドウ・絹さや炒めを載せたもの。そして別のタッパーに、これもラップで包んだキノコと豚の生姜焼きだ。

まず味玉を作るために湯を沸かし、その間に炊飯器をセット。ゆで卵が出来上がったら随時皮をむき、めんつゆなどのタレに漬けて冷蔵庫に入れる。生姜焼きは写真から推測するに、玉ねぎ、しめじ、キノコ、豚肉が入っている。

溢れんばかりの具材。この後、肉が入る。

溢れんばかりの具材。この後、肉が入る。

具材を炒める。気がつけば具材がフライパンいっぱいになっていた。1人暮らしも8年目、社会人4年目に突入すると、毎食料理をするより多めに作って、ホランさんと同じく常備菜化するようになる。むしろ1食分だけ作るのは時間・労力的にももったいない。ホランさんも同じ気持ちだろうか。

完成した「豚の生姜焼き」弁当

完成した「豚の生姜焼き」弁当

スナップエンドウをバターと塩で炒め、弁当に詰めて完成。味玉はせめて一晩漬けたいので、出勤前に味玉を載せればいい。ホランさんの味玉と比較するとやや半熟だが許容範囲だろう。

鳥つくねを作るときもラップを活用 洗い物楽過ぎてリスペクト