“尊い”表す手話、コラ画像で誤解広がる 書籍出版社が注意喚起「誤った情報を拡散しないで」

ツイッター上で11月初旬、「尊い」を意味する手話の誤情報が広がった。発端はあるツイッターユーザーが作成したコラ画像で、腕を肩の高さで縮め、手首から先をぱたぱたと動かす「鳥」を表す手話を、「尊いの動作」「天に召されるしぐさをする」と書いていた。該当のツイートは現在削除されているが、少なくとも7万件以上のリツイート、18万件以上の「いいね」を集めていた。

コラ画像の元になったのは、日本ろうあ連盟が監修し汐文社(東京都千代田区)が発行する『子どものための手話辞典』だった。汐文社は11月21日、ツイッターで

「心ある皆様のお力で訂正情報が広まりつつあり感謝申し上げます。誤った情報を拡散することのないようお願いいたします」

と呼びかけた。22日16時点で1.7万件以上リツイート、8000件以上「いいね」されている。

「確認せずに拡散してごめん」の一方「そんなに深刻な問題?」という声も