ラッパー・晋平太「ラップは自己肯定感が上がる。履歴書に書けないことや弱みも、強みになる」【白熱ヤンキー教室レポ・前編】

11月24日開催「白熱ヤンキー教室@東京大学駒場祭」

11月24日開催「白熱ヤンキー教室@東京大学駒場祭」

中高卒者の就職支援を行うハッシャダイは11月24日、東京大学駒場キャンパスで「白熱ヤンキー教室@東京大学駒場祭」を開催した。東京大学の学園祭におけるイベントで、NPO法人Bizjapanとの共催となる。

イベントでは、中高卒の若者の現状と今後の可能性について考えるパネルディスカッションが行われ、少年院で法務教官を務める安部顕さん、ラッパーの晋平太さん、ハッシャダイの勝山恵一さんの3人が登壇した。

レポート前編では晋平太さんの「ラップの力」について紹介する。ハッシャダイは「ヤンキーインターン」という、中高卒の若者に自らの選択肢を広げることを目指したプログラムを無料で提供している。営業やプログラマーの育成や英会話講座などに加え、晋平太さんが講師を務める全3回の「ラップ実践講座」もあるといい、晋平太さんが講座の様子を語った。

講座の初回では、いじめと闘うラップ少年を描いた英国の映画『Hopeful』を一緒に鑑賞して、自分をさらけ出すことはかっこ悪くはないということを伝える。そして、受講者は次回までに自己紹介ラップを作る。なぜ東京に来たか、今まで何をしていたのか、これから何をしたいのかなど人生を語ってもらうという。

「ドラッグやってるんじゃない? って言われるけど、本当は知的で精神的な遊戯」