入管法可決に田中康夫「失業者を活かす議論がなされていない」「この国は一回解散したほうが良い」

11月27日の衆院法務委員会で、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法(入管法)改正案が賛成多数により可決された。28日の『モーニングCROSS』(MX系)では元国会議員の田中康夫氏が、この法案の問題点を説明。すぐに就業可能な失業者や若年無業者の議論がされないままの衆院通過に、違和感をあらわにした。

10月末に総務省統計局が出した統計によると、日本には、すぐに就業可能で求職中にも関わらず、全く仕事に就けない「完全失業者」が162万人いるという。田中氏はこの162万人について「能力がないのか、マッチングしないのか、そこの議論もまずしてない」と指摘する。(文:石川祐介)

「国内の失業者・無業者問題の議論をしない野党も消化試合」