今年最も幸せにしてくれた魚 男性1位「マグロ」、女性1位「サケ」 食事の順番、「好きなものは最後」が約6割

マルハニチロは11月28日、「今年の食生活」の調査結果を発表した。調査は今年10月にインターネットで実施し全国の15~59歳の男女1000人から回答を得た。

「朝食を食べる頻度」を聞くと全体の70.4%が「ほぼ毎日」と回答した。「まったくない」と答えた人は7.1%に留まった。同居家族がいる人(843人)に「家族揃って朝食を食べる頻度」を聞くと37.5%が「まったくない」と回答し、最多だった。

次に、「自宅で夕食を食べる頻度」を聞くと全体の73.6%が「ほぼ毎日」と回答。同居家族がいる人に「家族揃って自宅で夕食を食べる頻度」を聞くと「ほぼ毎日」が35.2%で最も多かった。

「外食をする頻度」については「週に1日」が18%、「週に2~3日」が9%、「週に4~5日」が2.5%、「ほぼ毎日」が2.4%で、合計すると「週に1日以上」は31.9%に上った。また、「肉を食べる頻度」は「週に2~3日」(39.5%)が最多で、「魚を食べる頻度」も「週に2~3日」(48.6%)が最多だった。。

30代は「冷凍食品」や「チルド食品」の利用率が高い